研究実績
研究業績(平成28年4月~平成29年3月まで)

1-1 学術論文 [英文]

a) 原著
  1. Kuroda H, Abe T, Kakisaka K, Fujiwara Y, Yoshida Y, Miyasaka A, Ishida K, Ishida H, Sugai T, Takikawa Y.: Visualizing the hepatic vascular architecture using superb microvascular imaging in patients with hepatitis C virus: A novel technique. World J Gastroenterol. 22:6057-6064(2016)
  2. Kakisaka K, Kataoka K, Suzuki Y, Okada Y, Yoshida Y, Kuroda H, Takikawa Y.: Necrotic cell death and suppression of T-cell immunity characterized acute liver failure due to drug-induced liver injury.Cytokine. 86:21-28(2016)
  3. Kakisaka K, Ishida K, Kataoka K, Suzuki Y, Yanai S, Kuroda H, Sugai T, Matsumoto T, Takikawa Y.: Reversible sclerosing cholangitis with ulcerative colitis. Pathol Int. 66: 404-408(2016)
  4. Kakisaka K, Kuroda H, Abe T, Suzuki Y, Yoshida Y, Kataoka K, Miyamoto Y, Ishida K, Takikawa Y.: Hepatic Hemodynamics and Elevation of Liver Stiffness as Possible Predictive Markers of Late-onset Hepatic Failure. Intern Med. 55:1091-5(2016)
  5. Suzuki Y, Katagiri H, Wang T, Kakisaka K, Kume K, Nishizuka SS, Takikawa Y. Ductular reactions in the liver regeneration process with local inflammation after physical partial hepatectomy.Lab Invest. 96:1211-1222(2016)
  6. Suzuki A, Kakisaka K, Suzuki Y, Wang T, Takikawa Y.: c-Jun N-terminal kinase-mediated Rubicon expression enhances hepatocyte lipoapoptosis and promotes hepatocyte ballooning. World J Gastroenterol. 22:6509-19(2016)
  7. *Altinel K,*Hashimoto K, *Wei Y, *Neuveut C, *Gupta I, *Suzuki AM, *Dos Santos A, *Moreau P, *Xia T, *Kojima S, *Kato S, Takikawa Y, *Hidaka I,* Shimizu M, *Matsuura T, *Tsubota A, *Ikeda H, *Nagoshi S, *Suzuki H, *Michel ML, *Samuel D, *Buendia MA, *Faivre J, *Carninci P.: Single-Nucleotide Resolution Mapping of Hepatitis B Virus Promoters in Infected Human Livers and Hepatocellular Carcinoma. J Virol. 90:10811-10822(2016)
  8. Kooka Y, Sawara K, Endo R, Takikawa Y, Kato A, SuzukiK.:Brain metabolism in minimal hepatic encephalopathy assessed by 3.0-Tesla magnetic resonance spectroscopy. Hepatol Res.46:269-276(2016)
  9. Onodera M, Inoue Y, Takikawa Y, Endo S.: Clinical characteristics of liver failure from a systemic cause: A report from an advanced critical care center. Ann Hepatol.15(2):254-9(2016)
  10. Kakisaka K, Kataoka K, Kuroda H, Takikawa Y.: Predictive formula for acute liver failure is useful for predicting the prognosis of patients with acute-on-chronic liver failure. Hepatol Res. 46:459-467(2016)
  11. Wang T, Takikawa Y.: Carnosic acid protects normal mouse hepatocytes against H2 O2 -induced cytotoxicity via sirtuin 1-mediated signaling. Hepatol Res. 46:239-246(2016)
  12. *Ito K, *Yotsuyanagi H,* Sugiyama M, *Yatsuhashi H,* Karino Y, Takikawa Y, *Saito T, *Arase Y,* Imazeki F,* Kurosaki M, *Umemura T, *Ichida T, *Toyoda H, *Yoneda M, *Tanaka Y,* Mita E, *Yamamoto K, *Michitaka K, *Maeshiro T,* Tanuma J, *Korenaga M, *Murata K, *Masaki N, *Koike K, *Mizokami M; Japanese AHB CHB Study Group.: Geographic distribution and characteristics of genotype A hepatitis B virus infection in acute and chronic hepatitis B patients in Japan. J Gastroenterol Hepatol. 31:180-189(2016)
  13. Endo K, Kakisaka K, Oikawa K, Endo R, Takikawa Y.: Comparison of preedicted energy expenditure in japannnnese patients with non-alcoholic fatty liver disease to establih a suitable nutrition intervention. J Nutr Sci Vitaminol. 62:108-115(2016)
  14. *Nishida N, *Ohashi J, *Khor SS, *Sugiyama M, *Tsuchiura T, *Sawai H, *Hino K, *Honda M, *Kaneko S, *Yatsuhashi H, +Yokosuka O, *Koike K, *Kurosaki M, *Izumi N, *Korenaga M, *Kang JH, *Tanaka E, *Taketomi A,* Eguchi Y, *Sakamoto N, *Yamamoto K, *Tamori A,* Sakaida I, *Hige S, *Itoh Y, *Mochida S, *Mita E, Takikawa Y, *Ide T, *Hiasa Y, *Kojima H, *Yaamoto K, *Nakamura M, *Saji H,* Sasazuki T, *Kanto T, *Tokunaga K,* Mizokami M.: Understanding of HLA-conferred susceptibility to chronic hepatitis B infection requires HLA genotyping-based association analysis. Sci Rep. in press(2016)
  15. *Suzuki K, Onodera M, Kuroda H, Kakisaka K, Yoshida Y, Sawara K, Miyamoto Y, Wang T, Endo R, Kato A, Takikawa Y. : Reevaluation of Serum Carnitine Status in Patients with Liver Cirrhosis. J Liv Res Disorder Ther 2016. in press(2016)
  16. *Suzuki K, Kuroda K, Sawara K, Yoshida Y, Kakisaka K, Suzuki Y, Suzuki A, Onodera M, Oikawa T, Wang T, Endo R, Kato A, Takikawa Y.: Predictive biomarkers for the diagnosis of minimal hepatic encephalopathy in patients with liver cirrhosis: A preliminary result in a single center study in Japan. Biomed Res Clin Prac. in press(2016)
  17. Kakisaka K, Kataoka K, Suzuki Y, Kuroda H, Takikawa Y.: Appropriate timing to start and optimal response evaluation of high-dose corticosteroid therapy for patients with acute liver failure. J Gastroenterol.52:977-985 (2017)
  18. Kakisaka K, Suzuki Y, Kataoka K, Okada Y, Miyamoto Y, Kuroda H, Takikawa Y.: A predictive formula of coma onset and prothrombin time to distinguish patients who recover from acute liver injury. J Gastroenterol Hepatol. in press(2017)
  19. Kakisaka K, Yoshida Y, Suzuki Y, Sato T, Kuroda H, Miyasaka A, Takikawa Y.: Serum markers for mitochondrial dysfunction and cell death are possible predictive indicators for drug-induced liver injury by direct acting antivirals. Hepatol Res. in press(2017)
  20. *Sakai A, *Noguchi E, *Fukushima T, *Tagawa M,* Iwabuchi A, *Kita M, Kakisaka K, Miyasaka A, Takikawa Y, *Sumazaki R.: Identification of amino acids in antigen-binding site of class II HLA proteins independently associated with hepatitis B vaccine response. Vaccine. 35:703-710(2017)
  21. *Kawaguchi T, *Konishi M, Kato A,*Kato M, Kooka Y, Sawara K, Endo R, *Torimura T, *Suzuki K, Takikawa Y.: Updating Neuropsychological Test System for the Elderly and Modern Touch Screen Tablet Society by Resetting of the Cut-off Values. Hepatol Res.in press(2017)
b) 総論
  1. Nishizuka S, Katagiri K, Suzuki Y, and Takikawa Y.: Chapter 12: Liver regeneration supported by Muse cells. Edited by Mari Dezawa and Gregorio Chazenbalk, Muse cells. A New Era of Pluripotent Stem Cells. in press(2016)
c) 症例報告
  1. Suzuki Y, Ishida K, Takahashi H, Koeda N,Kakisaka K, Miyamoto Y, Suzuki A, Takikawa Y.: Primary biliary cirrhosis associated with Graves' disease in a male patient. Clin J Gastroenterol. 9:99-103(2016)
  2. Yoshida Y, Okada Y, Suzuki A, Kakisaka K, Miyamoto Y, Miyasaka A, Takikawa Y, Nishizawa T, Okamoto H.: Fatal acute hepatic failure in a family infected with the hepatitis A virus subgenotype IB: A case report.Medicine (Baltimore). in press(2017)
  3. Suzuki Y, Kakisaka K, Kuroda H, Sasaki T, Takikawa Y.: Sprenic infarction associated with acute indections mononuleosis. Korean J Intern Med. in press(2017)
  4. *Suzuki K, Kumagai I, Yoshida Y, Miyasaka A, Takikawa Y,* Kamiya R,* Kondo K, Kato A, *Chiba T, *Okamoto H.: Asymptomatic acute hepatitis E in a female patient with ulcerative colitis. Clin J Gastroenterol. 10:255-260(2017)
D)その他
  1. *Mochida S, *Nakayama N, *Ido A, Takikawa Y, *Yokosuka O,*Sakaida I, *Moriwaki H,*Genda T,*Takikawa H.: Author information Revised Criteria for Classification of the Etiologies of Acute Liver Failure and Late-Onset Hepatic Failure in Japan: A Report by the Intractable Hepato-Biliary Diseases Study Group of Japan in 2015. Hepatol Res.46:369-371(2016)
  2. *Fujiwara K, *Yokosuka O, *Inoue K, *Yasui S, *Abe R, *Oda S, *Arata S, Takikawa Y, *Ido A, *Mochida S, *Tsubouchi H, *Takikawa H.: Distribution of core hospitals for patients with fulminant hepatitis and late onset hepatic failure in Japan. Intractable Hepato-Biliary Disease Study Group of Japan. Hepatol Res. 46(1):10-2(2016)

1ー2 学術論文 [和文]

a) 原著
  1. 黒田 英克, 阿部 珠美, 三上 有里子, 武田 智弓, 諏訪部 章, 滝川 康裕.: Superb Microvascular Imaging(SMI)を用いたC型慢性肝疾患に伴う血管改築過程の可視化と肝線維化評価の試み.超音波医学.43(1):141-142(2016)
  2. 阿部 珠美, 黒田 英克,三上 有里子,武田 智弓,諏訪部 章,滝川 康裕.: 非観血的肝線維化診断におけるShear Wave Elastography(SWE)の有用性. 超音波医学.43(1):141(2016)
  3. *鈴木 一幸, 佐原 圭, 小岡 洋平, 黒田 英克, 遠藤 龍人, 滝川 康裕, 加藤 章信.: 肝硬変におけるミニマル肝性脳症の合併率とその予測因子に関する検討 高齢者と非高齢者での検討.日本高齢消化器病学会誌.18巻(2):58-63(2016)
  4. *鈴木 一幸, *永井田 優衣, 佐原 圭, 遠藤 啓, 遠藤 龍人, 黒田 英克, 滝川 康裕, 加藤 章信.: 高齢硬変患者の蛋白・エネルギー代謝異常の特徴. 日本高齢消化器病学会誌.18巻(2): 32-35(2016)
  5. 西塚哲,片桐弘勝,鈴木悠地,高原武志,新田浩幸,滝川康裕,佐々木章.: 1Mouse細胞による 肝切除後細胞補填療法の可能性. Organ Biology 2016. 23 :111-116(2016)
  6. 吉田雄一,岡田洋平,鈴木彰子,宮坂昭生,*渡辺大亮,*大内健,*吉田俊巳,小野寺美緒,*星野孝男,*熊谷一郎,*近藤公亮,*川上格,*石井基嗣,*八木千栄,*三浦達也,滝川康裕.: 高齢C型慢性肝疾患患者におけるダクラタスビル・アスナプレビル併用療法の治療効果と安全性に関する検討. 日本高齢消化器病学会誌. 19: 68‐74(2017)
b) 総論
  1. 黒田英克.: 腹部における3D US volume dataを用いたfusion技術のブレイクスルー. NNERVISION.31:76-77(2016)
  2. 柿坂 啓介, 滝川 康裕.: 合併症の病態と治療 肝性脳症・潜在性肝性脳症(解説/特集).肝胆膵. 73: 1155-1159(2016)
  3. 片桐 弘勝, 西塚 哲, 鈴木 悠地, 高原 武志, 新田 浩幸, 滝川 康裕, 佐々木 章.; 特定の肝外細胞,骨髄Muse細胞は肝臓再生に貢献する(解説/特集). Organ Biology. 23: 131-135(2016)
  4. 片岡 晃二郎, 滝川 康裕.:【肝不全-その常識は正しいか?-】 急性肝不全 その常識は正しいか? 急性肝不全の肝性昏睡や劇症化予知は可能でる.救急・集中治療.28巻5-6号:325-330(2016)
  5. 柿坂啓介,滝川康裕.:肝性脳症に対する集中治療管理. ICUとCCU.40:51-59(2016)
  6. 佐藤 寛毅, 滝川 康裕, *鈴木 一幸.:【《症例から学ぶ》内科疾患の診断・治療ピットフォール】(第2章)消化器 肝硬変(解説/特集).岩手医学会雑誌. 17(4): 652-657 (2016)
  7. 吉田雄一 滝川康裕.:【肝硬変の合併症とその治療】 肝性脳症. 消化器の臨床. 19(3):238-243 (2016)
  8. 遠藤 龍人, 滝川 康裕, *鈴木 一幸.:【肝硬変-進展予防・予後改善のための栄養管理】 肝硬変の栄養ガイドライン(解説/特集).臨床栄養 .128:893-899(2016)
  9. 遠藤 龍人, 佐原 圭, 吉田 雄一, 宮坂 昭生, 滝川 康裕, 加藤 章信, *鈴木 一幸.: 治療 肝性脳症に対するリファキシミン治療(解説/特集). 肝胆膵. 73: 1077-1083(2016)
  10. 黒田英克,藤原裕大,阿部珠美,三上有里子,滝川康裕. SMIによる慢性肝疾患の血管改築過程の可視化と肝線維化診断への応用. 映像情報メディカル. 5:38-42(2017)
  11. 加藤 章信,滝川康裕,*鈴木一幸.: 肝性脳症のマネ-ジメント -診断と脳症への栄養療法中心に-. 消化と吸収.39:78-83(2017)
  12. 柿坂啓介 ,滝川康裕.: 急性肝障害患者管理ネットワークによる病診連携とその成果. 岩手医誌.69:169-177(2017)
c) 症例報告著
d) その他

2 著書

  1. Sawara K, Kuroda H, Takikawa Y.: The Brain and Liver The Liver in Systemic Disease. Springer: 51-75(2016)
  2. 佐原圭,小岡洋平,滝川康裕.: 反復性脳症 消化器疾患最新の治療 2015-2016. 編集 : 菅野健太郎/上西紀夫/小池和彦. 南江堂. 337-340(2016)
  3. 吉田雄一,滝川康裕.: 肝硬変 c. 腹水. 消化器疾患最新の治療2017-2018. 南江堂.354-358(2017)

3 国際学会発表

a) 招聘講演等
b) 一般講演
  1. Suzuki Y, Katagiri H, Wang T, Kakisaka K, Kume K, Nishizuka S, Takiksawa Y.: Liver stem/progenitor cells in the mouse liver regeneration process with local inflammation after a physical hepatectony. ISSCR 2016 Annual Meeting. June 2016. San Francisco.CA,USA.
  2. Wang T.: Effects of 5-fluorouracil (5-FU) combined with interferon alpha (IFNα)-2b on the protein expression and secretion of TGFβ.ILCA,10. September 2016. Vancouver.
  3. Oikawa T, Sawara K, Kuroda H. Takikawa Y.: The effectiveness of cisplatin-eluting beads TACE in the treatment of early/intermediate-stage HCC. International Liver Cancer Association 10Th Annual Conference. September 2016.Vancouver, Canada .
  4. Oikawa T, Sawara K, Kuroda H. Takikawa Y.: Effectiveness of Cisplatin eluting beads TACE for Early / Intermediate stage HCC. The 12th JSH Single Topic Conference. September 2016. Kanazawa, Japan.
  5. Oikawa T, Sawara K, Kuroda H. Takikawa Y.: Sorafenib treatment for advanced hepatocellular carcinoma-the effectiveness, safety and controversial point. The 2017 Gastrointestinal Cancers Symposium. January 2017. SanFrancisco, CA,
c) その他

4-1 学会発表 [全国]

a) 招聘講演等
  1. 黒田英克,柿坂啓介,滝川康裕.: 急性肝不全の予後予測における画像診断の意義:肝硬変と肝容積の比較検討. 第52回日本肝臓学会総会. 2016年5月. 千葉.
  2. 黒田英克,阿部珠美,藤原裕大,滝川康裕.: 急性肝不全の予後予測におけるエラストグラフィーの有用性 -肝硬度と肝萎縮の関係-. 日本超音波医学会第89回学術集会. 2016年5月. 京都.
  3. 黒田英克,藤原雄大,阿部珠美,佐藤寛毅,鈴木悠地,遠藤啓,及川隆喜,佐原圭,滝川康裕.; 肝細胞癌に対するRFA治療支援-Auto Registration の空間精度評価と経験依存症に関する検討-. 第52回日本肝癌研究会. 2016年7月. 東京.
  4. 宮本康弘,柿坂啓介,滝川康裕.: 北東北における急性肝障害の動向. 第41回日本肝臓学会東部会. 2016年12月.東京.
  5. 吉田雄一,宮坂昭生,滝川康裕.: C型肝炎患者未治療者の受療に向けた透析施設との連携の取り組み. 第41回日本肝臓学会東部会. 2016年12月. 東京.
  6. 柿坂啓介,鈴木悠地,滝川康裕.: 薬物性肝障害による急性肝障害・急性肝不全の重症度評価の特殊性について. 第41回日本肝臓学会東部会. 2016年12月. 東京.
  7. 柿坂啓介,遠藤啓,滝川康裕.: 肥満合併非アルコール性脂肪性肝疾患における安静時基礎代謝量の至適予測式の検討. 第41回日本肝臓学会東部会. 2016年12月. 東京.
  8. 黒田英克.; 組織硬度指標および血流指標を用いた急性肝組織障害の評価と予後予測.第41回超音波ドプラ・新技術研究会. 2017年3月.東京.
b) 一般講演著
  1. 吉田雄一,宮坂昭生,小野寺美緒,*肥田憲彦,*近藤公亮,*星野孝男,*三浦達也,*八木千栄,*渡辺大亮,*小岡文志,滝川康裕.: C 型慢性肝疾患に対するダクラタスビル/アスナプレビル併用療法による肝障害の検討. 第102回日本消化器病学会総会. 2016年4月. 東京.
  2. 柿坂啓介,片岡晃二郎,阿部珠美,鈴木彰子,鈴木悠地,遠藤啓,宮本康弘,黒田英克,滝川康裕.: Acute on chronic liver failure の予後予測精度とその因子の検討. 第102回日本消化器病学会総会. 2016年4月. 東京.
  3. 宮本康弘,片岡晃二郎,柿坂啓介,鈴木悠地,鈴木彰子,佐藤寛毅,遠藤啓,黒田英克,遠藤龍人,滝川康裕.: 急性肝不全に対する移植適応と時期に関する検討. 第113回日本内科学会総会. 2016年4月. 東京.
  4. *森内昭博 ,片岡晃二郎 ,+大場史記 ,*兼清道雄 ,*河野 鉄 滝川康裕, *井戸章雄 , *坪内博仁 .: 急性肝障害患者における治療介入の指標並びに治療目標としての PT 値の意義. 第42回日本急性肝不全研究会. 2016年5月.千葉.
  5. 宮本康弘, 鈴木悠地 ,阿部珠美, 佐藤寛毅,鈴木彰子 ,吉田雄一 ,柿坂啓介, 及川隆喜,片岡晃二郎 ,佐原 圭 ,黒田英克 ,宮坂昭生,遠藤龍人 ,滝川康裕.; 人工肝補助療法の現状と課題. 第42回日本急性肝不全研究会. 2016年5月. 千葉.
  6. 柿坂啓介,鈴木彰子,滝川康裕.: Caspase9はオートファジーを抑制するRubiconを分解し,肝細胞のBallooningを抑制する. 第52回日本肝臓学会総会. 2016年5月.千葉.
  7. 吉田雄一,宮坂昭生,*渡辺大亮,小野寺美緒,*近藤公亮,*星野孝男,*三浦達也,滝川康裕.: C型慢性肝疾患に対するダクラタスビル・アスナブレビル併用療法の現状. 第52回日本肝臓学会総会. 2016年5月.千葉.
  8. 阿部珠美,黒田英克,藤原裕大,三上有里子,武田智弓,神山直久,滝川康裕.: びまん性肝疾患の非侵襲的線維化評価におけるSWEおよびM2BPGiの比較と検証.日本超音波医学会第89回学術集会. 2016年5月. 京都.
  9. 武田智弓,黒田英克,藤原裕大,阿部珠美,三上有里子,太田拓人,諏訪部章,滝川康裕.;真性多血症に合併したBudd-Chiari症候群の1例. 日本超音波医学会第89回学術集会. 2016年5月. 京都
  10. 三上有里子,黒田英克,藤原裕大,阿部珠美,武田智弓,石田和之,菅井 有,諏訪部章,滝川康裕.: SMIを用いたC型慢性肝疾患に伴う血管改築過程の可視化.日本超音波医学会第89回学術集会. 2016年5月. 京都.
  11. 石田秀明,長沼裕子,長井裕,大山葉子,渡部多佳子,小川眞広,鈴木克典,黒田英克.: Shear wave elastography(SWE)による小肝腫瘤の質的診断. 日本超音波医学会第89回学術集会. 2016年5月. 京都.
  12. 石田秀明,渡部多佳子,宮内孝治,長沼裕子,長井裕,大山葉子,渡部多佳子,小川眞広,鈴木克典,黒田英克.:腹部疾患の回転3D表示の有用性. 日本超音波医学会第89回学術集会.2016年5月.京都.
  13. 及川隆喜,遠藤啓,佐原圭,黒田英克,滝川康裕.: Early/Intermediate stage HCC に対するCisplatin-DEB-TACE の有用性. 第52回日本肝癌研究会. 2016年7月. 東京.
  14. 佐原圭,小岡洋平,遠藤啓,及川隆喜,宮本康弘,黒田英克,遠藤龍人,滝川康裕.: 肝内胆管癌に対するPEG-IFNα-2b/5FU 併用肝持続動注化学療法の評価. 第52回日本肝癌研究会. 2016年7月. 東京.
  15. 王 挺.: カルノシン酸による肝癌細胞株の細胞死の促進メカニズムの検討. 第52回日本肝癌研究会. 2016年7月. 東京.
  16. 遠藤啓,黒田英克,及川隆喜,佐原圭,石田和之,菅井有,滝川康裕. 肝細胞癌と鑑別を要した肝血管筋脂肪腫の2例.; 第52回日本肝癌研究会. 2016年7月. 東京.
  17. 吉田雄一.; 造血幹細胞移植2年後に発症したde novo B型肝炎の一例. 第38回ウイルス肝炎談話会. 2016年7月.栃木.
  18. 吉田雄一 宮坂昭生 滝川康裕.: C型慢性肝疾患に対するダクラタスビル・アスナプレビル併用療法におけるHomeostatic model assessment insulin resistanceの推移についての検討. 第3回肝臓と糖尿病・代謝研究会. 2016年7月. 石川.
  19. 吉田雄一 岡田洋平 宮坂昭生 滝川康裕.: 高齢C型慢性肝疾患患者に対するインターフェロンフリー治療の現状. 第19回日本高齢消化器病学会総会. 2016年7月.東京.
  20. 遠藤啓,柿坂啓介,滝川康裕.: 日本人非アルコール性脂肪性肝疾患患者に対する適切な栄養治療のための基礎代謝予測式の比較. 第20回日本肝臓学会大会. 2016年11月. 神戸.
  21. 吉田雄一,阿部珠美,黒田英克,宮坂昭生,滝川康裕.; C型慢性肝疾患における 2D shear wave elastography を含む非侵襲的肝繊維化指標の有用性についての検討. 第20回日本肝臓学会大会. 2016年11月. 神戸.
  22. 黒田英克.: TACE不応の判定と治療戦略 -Vp4-. HCCコンソーシアム2016. 2016年11月.東京.
  23. 黒田英克.: Budd-Chiari症候群.画論 The Best Image 2016. 2016年12月.東京.
  24. 黒田 英克,阿部 珠美,藤原 裕大,吉田 雄一,柿坂 啓介,宮本 康弘,宮坂 昭生,滝川 康裕.:慢性肝疾患の非侵襲的線維化診断における2D-SWEの有用性について.第23回肝血流動態・機能イメージ研究会. 2017年2月. 大阪.
c) その他

4-2 学会発表 [地方会関係]

a) 招聘講演等
b) 一般講演
  1. 岡田洋平,鈴木悠地,柿坂啓介,宮本康弘,阿部珠美,滝川康裕。長谷川康,高原武志,新田浩幸,佐々木章.: 血友病合併のC型代償性肝硬変に対して脳死肝移植を施行し,血友病の治癒過程を観察した一例. 第201回日本消化器病学会東北支部例会. 2016年7月.山形.
  2. 遠藤啓,鈴木悠地,山本一成,石田弥,柿坂啓介,滝川康裕.: イレウス管からのコカコーラ溶解と内視鏡的処置が奏効した柿胃石による腸閉塞の一例. 第201回日本消化器病学会東北支部例会. 2016年7月.山形.
  3. 黒田英克.:超音波を使いこなしていますか?-Aplioの最新技術とテクニック-.第2回青森超音波フォーラム.2017年1月.青森.
  4. 鈴木悠地,柿坂啓介,宮本康弘,黒田英克,滝川康裕.:脾梗塞を合併したEpstein-Barrウイルス感染による伝染性単核球症の1例.日本消化器病学会東北支部例会第202回例会. 2017年2月.仙台.
  5. 藤原裕大,黒田英克,阿部珠美,佐藤寛毅,鈴木彰子,鈴木悠地,遠藤啓,吉田雄一,柿坂啓介,及川隆喜,宮本康弘,佐原圭,宮坂昭生,遠藤龍人,滝川康裕.: 真性多血症に合併したBudd-Chiari症候群の1例. 日本消化器病学会東北支部例会第202回例会.2017年2月.仙台.
  6. 佐藤寛毅,滝川康裕,遠藤啓.: 閉塞性黄疸をきたした多発性炎症性偽腫瘍の一例. 日本消化器病学会東北支部例会第202回例会.2017年2月.仙台.
  7. 黒田 英克.: 肝硬度と血流指標による急性肝組織障害の評価と予後予測. 日本超音波医学会第 53 回東北地方会学術集会.2017年3月.仙台.
  8. 藤原 裕大.: 慢性肝疾患における超音波減衰量イメージングを用いた非侵襲的肝脂肪定量化の試み. 日本超音波医学会第 53 回東北地方会学術集会. 2017年3月.仙台.
  9. 吉田雄一,鈴木彰子,柿坂啓介,宮本康弘,宮坂昭生,滝川康裕.: 家族内発生したA型肝炎ウイルス感染による急性肝不全昏睡型の一例.第7回北東北肝疾患調査・治療研究会. 2017年3月.盛岡.
c)その他
  1. 黒田英克.: 肝臓エラストグラフィーについて.シェア・ウェーブ・エラストグラフィーセミナー.2016年5月. 盛岡.
  2. 黒田英克.; 最新技術による肝疾患へのアプローチ.第4回盛岡肝炎フォーラム. 2016年6月. 盛岡.
  3. 黒田英克.: 超音波で肝血流を診る -最新技術による肝疾患へのアプローチ-. 第48回八戸超音波懇話会. 2016年6月. 八戸.
  4. 黒田英克,阿部珠美,佐藤寬毅,鈴木悠地,遠藤 啓,及川隆喜,佐原 圭,滝川康裕.: 肝細胞癌に対するRFA治療支援 -Auto Registrationの空間精度評価と経験依存性に関する検討-. 第114回 岩手腹部超音波研究会. 2016年6月. 盛岡.
  5. 黒田英克.: 超音波による肝組織性状診断の現状. 第5回福島リバーフォーラム.2016年7月. 福島.
  6. 黒田英克.: 肝疾患治療の最前線と今後の展望 -肝がん制圧を目指したさらなる挑戦-. 第581回八戸胃腸研究会 . 2016年9月. 八戸.
  7. 黒田英克.: 肝胆膵の基本走査と急性腹症診断のポイント.日本超音波医学会小規模講習会 腹部エコーハンズオンセミナー. 2016年9月. 盛岡.
研究業績(平成27年4月~平成28年3月まで)

1-1 学術論文 [英文]

a) 原著
  1. *Suzuki K, Kataoka K, Miyamoto Y, Miyasaka A, Kumagai I, Takikawa Y, Takahashi M, Okamoto H.: Clinical and molecular analyses of sporadic acute hepatitis A and E and the specific viral genotypes isolated in Iwate and three neighboring prefectures in the northern part of Honshu, Japan, between 2004 and 2013. Hepatol Res.45:714-727(2015)
  2. Miyasaka A, Yoshida Y, Endo R, Abe K, Takikawa Y, Suzuki K.: Short-term interferon-beta treatment for chronic hepatitis C with genotype 2 and low viral loads. 岩手医誌.67 :233-240(2015)
  3. Kooka Y, Sawara K, Endo R, Takikawa Y, Kato A, SuzukiK.:Brain metabolism in minimal hepatic encephalopathy assessed by 3.0-Tesla magnetic resonance spectroscopy. HepatolRes. 46: 269-276(2016)
  4. Kakisaka K, Kataoka K, Kuroda H, Takikawa Y.: Predictive formula for acute liver failure is useful for predicting the prognosis of patients with acute-on-chronic liver failure. Hepatol Res. 46:459-467(2016)
  5. Wang T, Takikawa Y.: Carnosic acid protects normal mouse hepatocytes against H2 O2 -induced cytotoxicity via sirtuin 1-mediated signaling. Hepatol Res. 46:239-246(2016)
  6. *Ito K, *Yotsuyanagi H,* Sugiyama M, *Yatsuhashi H,* Karino Y, Takikawa Y, *Saito T, *Arase Y,* Imazeki F,* Kurosaki M, *Umemura T, *Ichida T, *Toyoda H, *Yoneda M, *Tanaka Y,* Mita E, *Yamamoto K, *Michitaka K, *Maeshiro T,* Tanuma J, *Korenaga M, *Murata K, *Masaki N, *Koike K, *Mizokami M; Japanese AHB CHB Study Group.: Geographic distribution and characteristics of genotype A hepatitis B virus infection in acute and chronic hepatitis B patients in Japan. J Gastroenterol Hepatol. 31:180-189(2016)
  7. Endo K, Kakisaka K, Oikawa K, Endo R, Takikawa Y.: Comparison of preedicted energy expenditure in japannnnese patients with non-alcoholic fatty liver disease to establih a suitable nutrition intervention.J Nutr Sci Vitaminol. 62:108-115(2016)
  8. Onodera M, Inoue Y, Takikawa Y, Endo S.:
    Clinical characteristics of liver failure from a systemic cause: A report from an advanced critical care center. Ann Hepatol. 15(2):254-9(2016)
  9. *Nishida N, *Ohashi J, *Khor SS, *Sugiyama M, *Tsuchiura T, *Sawai H, *Hino K, *Honda M, *Kaneko S, *Yatsuhashi H, +Yokosuka O, *Koike K, *Kurosaki M, *Izumi N, *Korenaga M, *Kang JH, *Tanaka E, *Taketomi A,* Eguchi Y, *Sakamoto N, *Yamamoto K, *Tamori A,* Sakaida I, *Hige S, *Itoh Y, *Mochida S, *Mita E, Takikawa Y, *Ide T, *Hiasa Y, *Kojima H, *Yaamoto K, *Nakamura M, *Saji H,* Sasazuki T, *Kanto T, *Tokunaga K,* Mizokami M.: Understanding of HLA-conferred susceptibility to chronic hepatitis B infection requires HLA genotyping-based association analysis. Sci Rep. in press(2016)
b) 総論
  1. Nishizuka S, Katagiri K, Suzuki Y, and Takikawa Y.: Chapter 12: Liver regeneration supported by Muse cells. Edited by Mari Dezawa and Gregorio Chazenbalk, Muse cells. A New Era of Pluripotent Stem Cells. in press. (2016)
c) 症例報告
  1. Kakisaka K, Endo K, Suzuki A, Hayashi S, Abe T, Yoshida Y, Oikawa T, Miyamoto Y, Sawara K, Ishida K, Kuroda H, Takikawa Y.: Hypothyroidism Enhanced Portal Hypertension in a Patient with Alcoholic Liver Cirrhosis, Resulting in the Development of Ascites.Intern Med. 54:2327-31(2015)
  2. Suzuki Y, Ishida K, Takahashi H, Koeda N,Kakisaka K, Miyamoto Y, Suzuki A, Takikawa Y.: Primary biliary cirrhosis associated with Graves' disease in a male patient. Clin J Gastroenterol.9:99-103(2016)
d) その他
  1. *Mochida S, *Nakayama N, *Ido A、 Takikawa Y, *Yokosuka O,* Sakaida I, *Moriwaki H,*Genda T, *Takikawa H.: Author information Revised Criteria for Classification of the Etiologies of Acute Liver Failure and Late-Onset Hepatic Failure in Japan: A Report by the Intractable Hepato-Biliary Diseases Study Group of Japan in 2015.Hepatol Res.46:369-371(2016)
  2. *Fujiwara K, *Yokosuka O, *Inoue K, *Yasui S, *Abe R, *Oda S, *Arata S, Takikawa Y, *Ido A, *Mochida S, *Tsubouchi H, *Takikawa H.: Distribution of core hospitals for patients with fulminant hepatitis and late onset hepatic failure in Japan. Intractable Hepato-Biliary Disease Study Group of Japan. Hepatol Res. 46(1):10-2(2016)

1-2 学術論文 [和文]

a) 原著
  1. 黒田 英克, 柿坂 啓介, 及川 隆喜, 小野寺 美緒, 滝川 康裕.: 急性肝炎におけるVirtual touch quantificationの臨床的意義.超音波医学.42:505-516(2015)
  2. 黒田 英克, 阿部 珠美, 三上 有里子, 武田 智弓, 諏訪部 章, 滝川 康裕.: Superb Microvascular Imaging(SMI)を用いたC型慢性肝疾患に伴う血管改築過程の可視化と肝線維化評価の試み.超音波医学.43(1):141-142(2016)
  3. 阿部 珠美、 黒田 英克、三上 有里子、武田 智弓、諏訪部 章、滝川 康裕.: 非観血的肝線維化診断におけるShear Wave Elastography(SWE)の有用性. 超音波医学.43(1):141(2016)
  4. *鈴木 一幸, 佐原 圭, 小岡 洋平, 黒田 英克, 遠藤 龍人, 滝川 康裕, 加藤 章信.: 肝硬変におけるミニマル肝性脳症の合併率とその予測因子に関する検討 高齢者と非高齢者での検討.日本高齢消化器病学会誌.18巻(2):58-63(2016)
  5. *鈴木 一幸, *永井田 優衣, 佐原 圭, 遠藤 啓, 遠藤 龍人, 黒田 英克, 滝川 康裕, 加藤 章信.: 高齢肝硬変患者の蛋白・エネルギー代謝異常の特徴. 日本高齢消化器病学会誌.18巻(2): 32-35(2016)
  6. 西塚哲、片桐弘勝、鈴木悠地、高原武志、新田浩幸、滝川康裕、佐々木章.: 1Mouse細胞による 肝切除後細胞補填療法の可能性. Organ Biology 2016. 23 :111-116(2016)
b) 総論
  1. 滝川康裕、片岡晃二郎.: 急性肝不全の現状と課題 急性肝障害の劇症化(昏睡発現)予知.日本消化器病学会雑誌.112:822-828(2015)
  2. 滝川康裕、宮坂昭生、片岡晃二郎、佐々木純子.: 各都道府県における肝疾患対策取り組みの現状 岩手県における肝疾患対策取り組みの現状. 肝臓クリニカルアップデート. 1: 245-250(2015)
  3. 加藤章信、遠藤龍人、滝川康裕.: 肝障害.内科.115:79-83(2015)
  4. 遠藤龍人、滝川康裕、*鈴木一幸.: 肝硬変に対する栄養療法. 消化器の臨床. 18:545-550 (2015)
  5. 片岡 晃二郎, 滝川 康裕.:【肝不全-その常識は正しいか?-】 急性肝不全 その常識は正しいか? 急性肝不全の肝性昏睡や劇症化予知は可能でる.救急・集中治療.28巻5-6号:325-330(2016)
  6. 柿坂啓介、滝川康裕.:肝性脳症に対する集中治療管理. ICUとCCU.40:51-59(2016)
  7. 佐藤 寛毅, 滝川 康裕, *鈴木 一幸.:【《症例から学ぶ》内科疾患の診断・治療ピットフォール】(第2章)消化器 肝硬変(解説/特集).岩手医学会雑誌. 17(4): 652-657 (2016)
  8. 吉田雄一 滝川康裕.:【肝硬変の合併症とその治療】 肝性脳症. 消化器の臨床. 19(3):238-243 (2016)
c) 症例報告
d) その他
  1. 滝川 康裕, 笠井 秀俊.: 急性肝不全治療のためのon-line CHDF機器開発の試み(解説).日本急性血液浄化学会雑誌 .6: 162-166(2015)
  2. *高原 照美, 滝川 康裕,* 田中 純子, *田中 靖人, *中牟田 誠, *名越 澄子,* 長谷部 千登美,* 高山 忠利, *橋本 悦子, 日本肝臓学会男女共同参画委員会.: 日本肝臓学会男女共同参画委員会アンケート調査報告. 肝臓. 57: 194-200 (2015)

2 著書

  1. Sawara K, Kuroda H, Takikawa Y.: The Brain and Liver.The Liver in Systemic Disease. Springer: 51-75(2016)
  2. 佐原圭、小岡洋平、滝川康裕.: 反復性脳症 消化器疾患最新の治療 2015-2016. 編集 : 菅野健太郎/上西紀夫/小池和彦. 南江堂. 337-340(2016)

3 国際学会発表

a) 招聘講演等
b) 一般講演
  1. Sawara K, Kooka Y, Oikawa T, Miyamoto Y, Kuroda H, Yoshida Y, Miyasaka A, Kato A, *Suzuki K,Takikawa Y.: Brain metabolism in patients with minimal hepatic encephathy on 3.0-tesla magnetic resonance spectroscopy. UEGW2015. 2015年10月. Spain
  2. Kuroda H, Abe T, Kakisaka K, Yoshida Y, Miyasaka A, Endo R, Takikawa Y.: Visualization of the vascular architecture using SMI reflects the fibrosis iin patients with HCV.The 25th Annual Conference of Asian Pacific Association for the Study of the Liver. Feb 2016.Tokyo, Japan.
  3. Yoshida Y, Miyasaka A, Takikawa Y.: Frequency and severity of liver injury during daclatasvir and asunaprevir dual therapy for HCV. The 25th Annual Conference of Asian Pacific Association for the Study of the Liver. Tokyo, Japan. Feb 2016. Tokyo, Japan.
  4. Kakisaka K, Kataoka K, Suzuki Y, Endo K, Miyamoto Y, Kuroda H, Takikawa Y.: A predictive formula for the prognosis of patients with acute-on chronic liver failure.The 25th Annual Conference of AsianPacific Association for the Study of the Liver. Tokyo, Japan. Feb 2016.Tokyo, Japan.
  5. Oikawa T, Kooka Y, Sawara K. Kuroda H, Takikawa Y.The short -term effrctiveness of TACE using cisplatin-eluting HepaSphere for unresectable HCC.The 25th Annual Conference of Asian Pacific Association for the Study of the Liver. Feb 2016. Tokyo, Japan.
  6. Abe T, Kuroda H, Yoshida Y, Kakisaka K, Miyamoto Y, Miyasaka A, Endo R, Takikawa Y. Noninvasive assessment of liver fibrosis using shear wave elastography in patients with chronic liver disease.The 25th Annual Conference of Asian Pacific Association for the Study of the Liver. Feb 2016.Tokyo, Japan.
  7. Sawara K, *Suzuki K, Kuroda H, Kooka Y, Yoshida Y, Kakisaka K, Suzuki Y, SUzuki A, Endo K, Onodera M, Oikawa T, Kataoka K, Miyamoto Y, Miyasaka A, Wang T, Endo R, Kato A, Takikawa Y.:Serum acyl-carnitine to total carnitine ratio is a possible predictive biomarker for dingnosis of minimal hepatic encephalopathy in patients with liver cirrhosis. 長州リバーフォーラム. 2016年2月.宇部市.
  8. Abe T, Kuroda H, Takikawa Y.: Noninvasive assessment of liver fibrosis using shear wave elastography in patients with chronic liver disease. American Institute of Ultrasound in Medicine (AIUM) Annual Convention 2016. 2016年3月.New York
c) その他

4-1 国内学会発表 [全国]

a) 招聘講演等
  1. 片岡晃二郎、宮本康弘、滝川康裕.:北東北間疾患診療ネットワークにおける急性肝不全奨励の治療並びに予後.第101回日本消化器病学会総会.2015年4月.仙台.
  2. 黒田英克、遠藤龍人、滝川康裕.:急性肝不全における超音波エラストグラフィの有用性-肝硬度と血行動態に関する検討-.第51回日本肝臓学会総会. 2015年5月.熊本.
  3. 滝川康裕.:ポジティブアクションの必要性と推進.第51回日本肝臓学会総会.2015年5月.熊本.
  4. 黒田英克、阿部珠美、及川隆喜、三上有里子、武田智弓、諏訪部章、滝川康裕.: 急性肝不全におけるVTQの臨床的有用性 -肝硬度と血行動態に関する検討-. 日本超音波医学会第88回学術集会.2015年5月.東京.
  5. 柿坂啓介、佐藤寛毅、鈴木悠地、片岡晃二郎、宮本康弘、黒田英克、滝川康裕.: ホルモン補充が腹水治療に奏功したアルコール性肝硬変に甲状腺機能低下症が合併した一例.第 22 回日本門脈圧亢進症学会総会. 2015年9月.横浜
  6. 宮本康弘、片岡晃二郎、滝川康裕.:昏睡発現予知の段階からの内科・外科連携治療体制の構築.第19回日本肝臓学会大会. 2015年10月.東京.
b) 一般講演
  1. 吉田雄一、宮坂昭生、渡辺大亮、星野孝男、小野寺美緒、牛尾晶、熊谷一郎、近藤公亮、三浦達也、滝川康裕.: C型慢性肝炎に対するPegylated interferon/Ribavirin inhibitor 3剤併用療法の臨床的有用性に関する検討. 第101回日本消化器病学会総会. 2015年4月.仙台.
  2. 片岡晃二郎、小岡洋平、鈴木悠地、遠藤啓、柿坂啓介、宮本康弘、遠藤龍人、滝川康裕.:広域診療ネットワークによる急性肝不全の予知・予防体制の有効性.第112回日本内科学会総会. 2015年4月.京都.
  3. 柿坂啓介、片岡晃二郎、宮本康弘、黒田英克、遠藤龍人、滝川康裕.:急性肝不全症例における薬物性肝障害の病態解明の試み.第101回日本消化器病学会総会. 2015年4月.仙台.
  4. 小岡洋平、佐原圭、遠藤龍人、加藤章信、鈴木一幸、滝川康裕.: 高磁場MRIを用いたミニマル肝性脳症の脳画像所見と脳内物質代謝異常の検討. 第101回日本消化器病学会総会. 2015年4月.仙台.
  5. 柿坂啓介、片岡晃二郎、鈴木悠地、宮本康弘、黒田英克、滝川康裕.:急性肝不全症例における薬物性肝障害の病態解明の試み.第51回日本肝臓学会総会. 2015年5月.熊本.
  6. 小岡洋平、佐原圭、遠藤龍人、加藤章信、鈴木一幸、滝川康裕.:3.0 tesla MRS を用いたミニマル肝性脳症の脳内物質代謝の測定と診断への応用.第51回日本肝臓学会総会. 2015年5月.熊本.
  7. 小野寺美緒、鈴木一幸、滝川康裕、黒田英克、小岡洋平、佐原圭、王 挺、及川隆吉、遠藤龍人、加藤章信.:肝硬変におけるミニマル肝性脳症の罹患率とその診断的予測因子の検索,第51回日本肝臓学会総会. 2015年5月.熊本.
  8. 及川隆喜、小岡洋平、佐原圭、黒田英克、滝川康裕.:当科におけるバルーン閉塞下肝動脈化学塞栓術の初期使用経験.第51回日本肝臓学会総会. 2015年5月.熊本.
  9. 宮坂昭生、吉田雄一、遠藤龍人、阿部弘一、滝川康裕.:当県の肝炎医療費助成制度の現状と課題. 第51回日本肝臓学会総会. 2015年5月.熊本.
  10. 宮本康弘、片岡晃二郎、滝川康裕.:当院における昏睡発現予知の段階からの内科・外科連携治療体制.第41回日本急性肝不全研究会.2015年5月.熊本.
  11. 吉田雄一、鈴木彰子、鈴木悠地、柿坂啓介、片岡晃二郎、宮本康弘、宮坂昭生、滝川康裕.:家族内発生したA型肝炎ウイルス感染による急性肝不全昏睡型の一例. 第36回ウイルス肝炎談話会.2015年5月.栃木.
  12. 佐原圭、及川隆喜、黒田英克、滝川康裕.:当科における薬剤溶出性球状塞栓物質:HapaSphere;を用いた肝動脈化学塞栓術(DEB+TACE)短期使用成績. 第51回日本肝癌研究会. 2015年7月.神戸.
  13. 及川隆喜、佐原圭、黒田英克、滝川康裕.:当科におけるバルーン閉塞下肝動脈化学塞栓術の短期使用成績.第51回日本肝癌研究会. 2015年7月.神戸.
  14. 吉田雄一、宮坂昭生、遠藤龍人、滝川康裕.: C型肝炎患者における抗ウイルス療法前後の体組成変化.第19回肝と栄養の会. 2015年8月.東京.
  15. 吉田雄一、渡辺大亮、小野寺美緒、近藤公亮、星野孝男、三浦達也、滝川康裕.:C型慢性肝疾患に対するダクラタスビル・アスナプレビル併用療法の現状. 第19回日本肝臓学会大会.2015年10月.東京.
  16. 及川隆喜、小岡洋平、佐原圭、黒田英克、滝川康裕.:当科における薬剤溶出性球状塞栓物質:HepaSphere を用いた肝動脈塞栓術(DEB-TACE)短期使用成績. 第19回日本肝臓学会大会. 2015年10月.東京.
  17. 王 挺、柿坂啓介、滝川康裕.: 親電子物質カルノシン酸の肝細胞保護作用とその機序に関する研究.第2回東北肝疾患研究会. 2015年10月.仙台.
  18. 鈴木悠地、西塚哲、王挺、柿坂啓介、片桐弘勝、久米浩平、滝川康裕.: 超音波凝固切開装置による損傷肝組織修復過程の検証. 第42回日本臓器保存生物医学会学術集会.2015年11月.盛岡.
  19. 佐原 圭.: 集学的治療により長期生存をえた高度進行肝細胞がんの一例. 第40回リザーバー研究会. 2015年11月.東京.
  20. 柿坂啓介、片岡晃二郎、宮本康弘、黒田英克、滝川康裕.: 急性肝炎の現状と問題点:薬物性肝障害を中心に. 第41回日本肝臓学会西部会.2015年12月.名古屋.
  21. 吉田雄一、滝川康裕.:E型肝炎患者の家族調査と免疫抑制E型肝炎患者の経過. 第37回ウイルス肝炎談話会. 2015年12月.栃木.
c) その他

4-2 国内学会発表 [地方会関係]

a) 招聘講演等
  1. 及川隆喜、黒田英克、阿部珠美、佐藤寛毅、鈴木彰子、鈴木悠地、小岡洋平、遠藤啓、藤田敦、佐原圭、滝川康裕.:当科における肝細胞癌に対するB-TACE とDEB-TACE の臨床的有用性に関する検討.第199回日本消化器病学会東北支部例会. 2015年7月.福島.
b) 一般講演
  1. 鈴木彰子、柿坂啓介、菅井万優、藤田敦、片岡晃二郎、宮本康弘、黒田英克、増田友之、滝川康裕.: 病初期に薬物性肝障害と鑑別を要し、肝障害の再燃から自己免疫性肝炎と診断したい一例.第199回日本消化器病学会東北支部例会. 2015年7月.福島.
  2. 阿部珠美 、黒田英克 、三上有里子、武田智弓、諏訪部章、滝川康裕.: 非観血的肝線維化診断におけるShear Wave Elastography (SWE) の有用性. 日本超音波医学会第50回東北地方会学術集会 . 2015年10月.弘前.
  3. 柿坂啓介、黒田英克、滝川康裕.:Superb Microvascular Imaging を用いたC型慢性肝疾患に伴う血管改築過程の可視化と肝線維化評価の試み.第200回日本消化器病学会東北支部例会.2016年2月.仙台.
  4. 阿部珠美、黒田英克、滝川康裕.:非観血的肝線維化診断におけるShear Wave Elastgraphy の有用性.第200回日本消化器病学会東北支部例会. 2016年2月.仙台.
  5. 小野寺美緒、久多良徳彦、滝川康裕.:東北の女性医師活躍のために.第200回日本消化器病学会東北支部例会.2016年2月.仙台.
  6. 鈴木彰子、宮本康弘、鈴木悠地、佐藤寛毅、柿坂啓介、片岡晃二郎、滝川康裕.:脳死肝移植により救命しえた急性Budd-Chiari 症候群の1例.第200回日本消化器病学会東北支部例会.2016年2月.仙台
  7. 鈴木悠地、石田和之、高橋浩、肥田憲彦、柿坂啓介、宮本康弘、鈴木彰子、滝川康裕.: Basedow病を伴った原発性胆汁性肝硬変の男性例.第200回日本消化器病学会東北支部例会.2016年2月.仙台.
  8. 黒田英克.:超音波による肝組織性状診断の現状.宮城腹部超音波研究会.2016年1月.仙台.
  9. 黒田英克、藤原裕大、阿部珠美、三上有里子、武田智弓、滝川康裕.:急性肝不全の予後予測におけるVTQの有用性: 肝硬度と肝萎縮の比較検討.第5回びまん性肝疾患の画像研究会.2016年2月.東京.
  10. 黒田英克、阿部珠美、柿坂啓介、吉田雄一、宮坂昭生、石田和之、菅井 有、滝川康裕.:Superb Microvascular Imagingを用いたC型慢性肝疾患に伴う血管改築過程の可視化と肝線維化評価の試み.第22回肝血流動態・機能イメージ研究会.2016年2月.東京.
  11. 黒田英克、藤原裕大、阿部珠美、三上有里子、武田智弓、滝川康裕.:急性肝不全の予後予測におけるVTQの有用性 -肝硬度と肝萎縮の比較検討-.日本超音波医学会第51回東北地方会.2016年3月.東京
  12. 阿部珠美、黒田英克、藤原裕大、三上有里子、武田智弓、滝川康裕.:慢性肝疾患の線維化評価におけるShear Wave Elastographyの有用性 -M2BPGiの比較と複合指標の検証.日本超音波医学会 第51回 東北地方会学術集会. 2016年3月.仙台
c) その他
  1. 佐藤寛毅、柿坂啓介、鈴木悠地、片岡晃二郎、宮本康弘、黒田英克、滝川康裕.: 甲状腺ホルモン補充が腹水治療に奏効したアルコール性肝硬変に甲状腺機能低下症が合併した1例. 岩手医学会第657回例会.2015年4月.盛岡.
  2. 黒田英克、阿部珠美、佐藤寛毅、鈴木彰子、鈴木悠地、水谷久太、小岡洋平、遠藤 啓、吉田雄一、柿坂啓介、及川隆喜、片岡晃二郎、宮本康弘、佐原 圭、宮坂昭生、遠藤龍人、滝川康裕.:急性肝不全における超音波エラストグラフィの有用性 ~肝硬度と血行動態に関する検討~. 岩手医学会第657回例会.2015年4月.盛岡.
  3. 片岡晃二郎、小岡洋平、鈴木悠地、遠藤啓、柿坂啓介、宮本康弘、遠藤龍人、滝川康裕.:広域診療ネットワークによる急性肝不全の予知・予防体制の有効性.岩手医学会第657回例会.2015年4月.盛岡.
  4. 吉田雄一、宮坂昭生、滝川康裕.:C型慢性肝炎治療の現状.岩手医学会第657回例会. 2015年4月.盛岡.
  5. 宮本康弘.: 脳死肝移植で救命しえた急性Budd-Chiari症候群の一例. 第2回消化器領域の合併症を考える会. 2015年6月.盛岡
  6. 黒田英克.: 非観血的肝線維化診断におけるShear Wave Elastography (SWE) の有用性.岩手腹部超音波研究会. 2015年10月.盛岡.
  7. 宮本康弘.; 急性肝不全に対する移植適応と時期に関する検討. 第11回岩手肝移植適応研究会. 2015年10月.盛岡.
研究業績(平成26年4月~平成27年3月まで)

1-1 学術論文 [英文]

a) 原著
  1. Kuroda H., Kakisaka K., Oikawa T., Onodera M., Miyamoto Y., Sawara K., Endo R., Suzuki K., Takikawa Y.: Liver stiffness measured by acoustic radiation force impulse elastography reflects the severity of liver damage and prognosis in patients with acute liver failure. HepatolRes. 45:571-577 (2015)
  2. Kakisaka K, Kataoka K,Onodera M, Suzuki A, Endo K, Tatemichi Y, Kuroda H, Ishida K, Takikawa Y.: Alpha fetoprotein: A biomarker for the recruitment of progenitor cells in the liver in patients with acute liver injury or failure. Hepatol Res. 45(10) : E12-20 (2015)
  3. Tatemichi Y, Shibazaki M, Yasuhira S, Kasai S, Tada H, Oikawa H, Suzuki Y, Takikawa Y, Masuda T, Maesawa C. : Nucleus accumbens associated 1 is recruited within the promyelocytic leukemia nuclear body through SUMO modification. Cancer Sci. 106:848-56(2015)
  4. Oikawa H, Maesaw, C, Tatemichi Y, Nishinari Y, Nishiya M, Mizugai H, Ikeda A, Oikawa K, Takikawa Y, Masuda T. : A disintegrin and metalloproteinase 17 (ADAM17) mediates epidermal growth factor receptor transactivation by angiotensin II on hepatic stellate cells. Life Sci.97(2): 137-44 (2014)
  5. Takikawa Y, Harada M, Wang T, Suzuki K.: The usefulness and accuracy of international normalized ratio (INR) and activity percent of prothrombin time in patients with liver disease. Hepatol Res. 44:92-101 (2014)
  6. Kasai K, Takikawa Y. : The efficacy of hepatic arterial infusion chemotherapy using 5-fluorouracil and systemic pegylated interferon α-2b for advanced intrahepatic cholangiocarcinoma. Annals of Surgical Oncology. 21:3638-45(2014)
  7. Wang T, Takikawa Y, Watanabe A, Kakisaka K, Oikawa K, Miyamoto Y, Suzuki K. : Proliferation of mouse liver stem/progenitor cells induced by plasma from patients with acute liver failure is modulated by P2Y receptor-mediated JNK activation. J Gastroenterol .49:1557-66(2014)
  8. *Ito K, *Yotsuyanagi H,* Yatsuhashi H, *Karino Y, Takikawa Y, *Saito T, *Arase Y, *Imazeki F, *Kurosaki M, *Umemura T, *Ichida T, *Toyoda H, *Yoneda M, *Mita E, *Yamamoto K, *Michitaka K, *Maeshiro T, *Tanuma J, *Tanaka Y, *Sugiyama M, *Murata K, *Masaki N, *Mizokami M; Japanese AHB Study Group.: Risk factors for long-term persistence of serum hepatitis B surface antigen following acute hepatitis B virus infection in Japanese adults. Hepatology. 59:89-97(2014)
  9. *Mochida S, Takikawa Y, *Nakayama N, *Oketani M, *Naiki T, *Yamagishi Y, *Fujiwara K, *Ichida T, *Tsubouchi H. Classification of the etiologies of acute liver failure in Japan: A report by the Intractable Hepato-Biliary Diseases Study Group of Japan. Hepatol Res. 44(4): 365-7(2014)
  10. *Kawaguchi T.*Shiraishi K. *Ito T. *Suzuki K., *Koreeda C. *Ohtake T.* Iwasa M.* Tokumoto Y. Endo R.* Kawamura NH.*Shiraki M.* Habu D. *Tsuruta S.*Miwa Y., *Kawaguchi A.* Kakuma T. *Sakai H.*Kawada N.*Hanai T.*Takahashi S. Kato A.*Onji M.* Takei Y.* Kohgo Y.* Seki T.*Tamano M.* Katayama K.*Mine T.,*Sata M.,*Moriwaki H. *Suzuki K.: Branched-chain amino acids prevent hepatocarcinogenesis and prolong survival of patients with cirrhosis. Clin Gastroenterol Hepatol. 12: 1012-1018 (2014)
  11. *Katayama K. *Saito M.* Kawaguchi T.*Endo R. Sawara K. *Nishiguchi S. Kato A.*Kohgo H.*Suzuki K. *Sakaida I.*Ueno Y.*Habu D.*Ito T.,*Moriwaki H.* Suzuki K.: Effect of zinc on liver cirrhosis with hyperammonemia: A preliminary randomized, placebo-controlled double-blind trial. Nutrition. 30:1409-1414. (2014)
  12. Kosaka T, Endo M, Toya Y, Abiko Y, Kudara N, Inomata M, Chiba T, Takikawa Y, Suzuki K, Sugai T. :Long-term outcomes of endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer: a single-center retrospective study. Dig Endosc.26(2): 183-91(2014)
b) 総論

該当なし

c) 症例報告
  1. Kakisaka K, Kooka Y, Oikawa T, Suzuki A, Oikawa K, Kuroda H, Kasai K, Takikawa Y.: Bimodal peaks of liver stiffness in a case of drug-induced liver injury. Hepatol Res. 45(3):343-8(2015)
  2. Suzuki Y, Nishiyama O, Sakai T, Niiyama M, Itoh T, Nakamura M. :Acute coronary syndrome caused by coronary vasospasms associated with Churg-Strauss syndrome: effects of betamethasone therapy. Intern Med. 53: 717-720(2014)
  3. Kakisaka K, Takikawa Y. Elevation of serum cytokines preceding elevation of liver enzymes in a case of drug-induced liver injury. Hepatol Res. 44(10): E284-9(2014)
d) その他

1-2 学術論文 [和文]

a) 原著
  1. 小野寺美緒, 滝川康裕, 原田真理, 柿坂啓介, 片岡晃二郎, 宮本康弘, *及川寛太, 熊谷一郎, *鈴木一幸.: 肝疾患患者におけるProthrombin Time(PT)測定と表記法の妥当性に関する検証. 東北止血・血栓研究会会誌. 26(1): 6-10(2014)
  2. *藤原 慶一,*織田 成人,*井上 和明,*荒田 慎寿,*安部 隆三,滝川 康裕,*井戸 章雄,*横須賀 收*持田 智,*坪内 博仁.:<Meeting Report> 急性肝不全に対する人工肝補助療法についての提言:high-flow CHDF,on-line HDFによる覚醒率向上の認識とその全国標準化の必要性.肝臓.55:79-81(2014)
b) 総論
  1. 滝川康裕,鈴木悠地.:急性肝不全に対する血液浄化療法の評価.日本アフェレシス学会雑誌. 33:79-85(2014)
  2. 佐原 圭, 小岡洋平, 遠藤龍人, 滝川康裕.:肝硬変、肝不全への対処. 診断と治療. 102(11): 1667-1674(2014)
  3. 遠藤龍人, 小岡洋平, 遠藤 啓, 佐原 圭, 滝川康裕.: 微量元素の評価法. 栄養-評価と治療.31(3): 200-203(2014)
  4. 遠藤龍人, 鈴木彰子, 滝川康裕.: 肝臓疾患 肝硬変 BCAAによる栄養療法.肝・胆・膵. 69(6):947-953(2014)
  5. 遠藤龍人, 佐原 圭, 遠藤 啓, 滝川康裕, 加藤章信, *鈴木一幸.: 肝疾患の栄養管理. 臨床消化器内科.29(8):1119-1127(2014)
  6. 阿部貴弥, 遠藤龍人, 滝川康裕.: 急性血液浄化 最近の話題 急性肝不全への血液浄化法の進歩. 救急・集中治療. 26(3-4): 575-581 (2014)
  7. 遠藤龍人, 佐原 圭, 遠藤 啓, 滝川康裕, 加藤章信, *鈴木一幸. :肝硬変治療の進歩 分岐鎖アミノ酸製剤による治療効果. 臨床消化器内科.29(4): 447-452(2014)
  8. *持田 智, 滝川 康裕, *中山 伸朗, *桶谷 真, *内木 隆文,* 山岸 由幸,* 藤原 慶一, *市田 隆文, *坪内 博仁, 厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」班.: 急性肝不全の成因分類. 肝臓.55(2): 132-135(2014)
  9. *鈴木一幸, 佐原 圭, 遠藤龍人, 滝川康裕.: 内科疾患にみられる神経障害(疾患) 肝・腎・肺疾患 肝疾患 肝性脳症. 日臨床別冊 神経症候群V. 350-353(2014)
  10. 加藤章信, 遠藤龍人, 滝川康裕.: 実地臨床で遭遇する栄養管理 肝障害.内科. 115(1):e79-83(2014)
  11. 遠藤龍人, *鴻巣正史, 滝川康裕.: さまざまな病態における栄養のポイント 肝不全と栄養管理. Medicina.51(13):2346-2349(2014)
c) 症例報告
d) その他

2 著書

該当なし

3 国際学会発表

a) 招聘講演等
b) 一般講演
  1. Sawara K., Wang T., Yoshida Y., Miyasaka A., Oikawa T., Kooka Y., Kuroda H., Kasai K., Kato A.,*Suzuki K., Takikawa Y.: Cerebral glucose metabolism and neuropsychiatric symptoms in chronic hepatitis C patients with interferon therapy. EASL 2014 .April 2014. London, UK.
c) その他

4-1 国内学会発表 (全国)

a) 招聘講演等
  1. 片岡晃二郎, 遠藤 啓, 小野寺美緒, 柿坂啓介, 宮本康弘, 宮坂昭生, 遠藤龍人, 滝川康裕.: 北東北における成因不明の急性肝障害症例の治療と予後.第40回急性肝不全研究会. 2014年5月.東京.
  2. 滝川康裕.:東北革新的医療機器開発補助事業による急性肝不全用血液浄化システム開発の試み.第40回急性肝不全研究会.2014年5月.東京.
  3. 及川隆喜.:Acoustic Radiation Force Impulse -ARFIを用いた超音波技術-.岩手腹部超音波研究会.2014年6月.盛岡.
  4. 片岡晃二郎, 宮本康弘, 吉田雄一, 小野寺美緒, 佐原圭, *及川寛太, 黒田英克, 宮坂昭生, *葛西和博, 滝川康裕, *鈴木一幸.: B型劇症肝炎とacute-on-chronic 実態、病態と治療 当院におけるB型劇症肝炎とacute-on-chronic肝不全の実態.第18回日本肝臓学会大会.2014年10月.東京.
  5. 吉田雄一, 佐原 圭, 宮坂昭生, 遠藤龍人, 滝川康裕.: C型慢性肝炎に対するPeginterferonα2b/Ribavirin/Telaprevir3剤併用療法中の精神神経機能異常に対する自己評価式抑うつ性尺度による評価.第40回日本肝臓学会東部会. 2014年11月. 東京.
  6. 片岡 晃二郎, 遠藤龍人, 滝川康裕.: 急性肝不全 予後向上を目指す新規治療法の展望 劇症化予知・予防の有効性に関する検討.第40回日本肝臓学会東部会. 2014年11月. 東京.
  7. 黒田英克.: 肝臓超音波検査最前線.第27回日本消化器画像診断情報研究会.2015年2月.盛岡
b) 一般講演
  1. 吉田雄一, 宮坂昭生, 佐原 圭, *及川寛太, *葛西 和博, 遠藤 龍人, 滝川 康裕.: C型慢性肝疾患インターフェロンSVR例の肝線維化指標の推移についての検討.第100回日本消化器病学会総会. 2014年4月.東京.
  2. 藤野靖久, 井上義博, 小野寺誠, 菊池哲, 佐藤正幸, 遠藤重厚, 松本主之, 滝川康裕, 加藤健一.: 当院における食道胃静脈瘤治療手技の工夫と治療成績.第100回日本消化器病学会総会. 2014年4月.東京.
  3. 柿坂啓介, 片岡晃二郎, 小野寺美緒, 舘道芳徳, *及川寛太, 滝川康裕.: 急性肝障害・急性肝不全における血清AFPの意義 生体肝移植ドナーとの比較.第100回日本消化器病学会総会. 2014年4月.東京.
  4. 滝川康裕, 増田友之.:岩手県における女性医師支援.第100回日本消化器病学会総会. 特別企画. 2014年4月.東京.片岡 晃二郎, 滝川 康裕.:急性肝不全の内科的治療と肝移植のup to date 当施設における急性肝不全症例の予後. 第50回日本肝臓学会総会. 2014年5月.東京.
  5. 佐原 圭, 小岡洋平, 片岡晃二郎, 黒田英克, 及川隆喜, 遠藤 啓, 水谷久太, *及川寛太, 柿坂啓介, 吉田雄一, 宮本康弘, *葛西和博, 遠藤龍人, *鈴木一幸, 滝川康裕.: 当院における肝硬変成因別実態.第50回日本肝臓学会総会. 2014年5月.東京.
  6. 片岡晃二郎, 滝川康裕, 水谷久太, 遠藤 啓, 小野寺美緒, 柿坂啓介, 宮坂昭生, *葛西和博, 遠藤龍人.: 北東北における急性肝障害症例の成因分類と劇症化(昏睡発現)・予後.第50回日本肝臓学会総会. 2014年5月.東京.
  7. 宮坂昭生, 吉田雄一, 滝川康裕, *村上晶彦, *三浦達也, *近藤公亮, 加藤章信, *八角有紀, *渡辺大亮,*米山和夫, *藤島裕耕.: Genotype1型C型慢性肝炎に対するTelaprevirを用いた3剤併用療法の治療効果 多施設共同研究.第50回日本肝臓学会総会. 2014年5月.東京.
  8. *葛西和博, 小岡洋平, 鈴木悠地, 鈴木彰子, *葛西幸穂, 佐原圭, 牛尾晶, 宮本康弘, *及川寛太, 滝川康裕.: 進行肝細胞癌に対するPEG-IFNα-2b/5FU併用療法の評価. 第50回日本肝臓学会総会, 2014年5月.東京.
  9. 遠藤龍人、*鈴木壱知、*鈴木一幸.: 肝硬変患者における身体計測の実施状況と蛋白・エネルギー代謝異常~全国多施設実態調査からみた検討~第37回日本栄養アセスメント研究会 シンポジウム「肝疾患の栄養アセスメントの現状と問題点」.2014年 5月. 盛岡
  10. 藤野靖久, 井上義博, 小野寺誠, 菊池 哲, 佐藤正幸, 遠藤重厚, 松本主之, 滝川康裕.: MD-CTによる食道胃静脈瘤症例の傍食道静脈の評価.第21回日本門脈圧亢進症学会. 2014年9月.東京.
  11. 柿坂啓介, 片岡晃二郎, 鈴木悠地, 鈴木彰子, 滝川康裕.: Acute on chronic liver failureの病態解明の試み 慢性肝疾患別の臨床経過検討を中心に.第18回日本肝臓学会大会.2014年10月.神戸.
  12. 王 挺, 滝川康裕.: 肝細胞酸化ストレス誘導に対するカルノシン酸の影響.第18回日本肝臓学会大会. 2014年10月.神戸.
  13. 藤野靖久, 井上義博, 小野寺誠, 菊池哲, 佐藤正幸, 遠藤重厚, 加藤健一, 松本主之, 滝川康裕.: 当院における孤立性胃静脈瘤に対する治療指針の再考.第56日本消化器病学会大会.2014年10月.神戸.
  14. 佐原 圭, 加藤章信, 滝川康裕.: 肝硬変合併症の新しい治療戦略 ミニマル肝性脳症と栄養評価、治療.第56回日本消化器病学会大会. 2014年10月.神戸.
  15. 朝倉謙輔,鈴木彰子,鈴木悠地,肥田憲彦,高橋浩.: 膵癌の直接浸潤と腹膜播種による3か所の大腸狭窄に対しメタリックステントを挿入した1例.当院における大腸ステント留置術の現状.第56日本消化器病学会大会. 2014年 10月. 神戸.
  16. 吉田雄一, 宮坂昭生, 滝川康裕.: C型肝炎 3剤併用療法のOverview C型慢性肝疾患に対するPegylated interferon/Ribavirin/Protease inhibitor 3剤併用療法のRapid virologic responseに関する背景因子の検討.第50回日本肝臓学会東部会. 2014年11月.東京
  17. 佐原 圭, 小岡洋平, 遠藤 啓, 及川隆喜, 遠藤龍人, 滝川康裕, 加藤章信.: C型肝硬変、肝癌患者における栄養代謝異常.第45回日本消化吸収学会. 2014年11月.東京.
  18. 黒田英克、阿部珠美、及川隆喜、石田和之、菅井有、滝川康裕.:肝硬度と肝血行動態破綻を経時的に観察し生体肝移植を施行した遅発性肝不全の1例.第3回びまん性肝疾患の画像研究会.2015年1月.東京
  19. 遠藤龍人、俵万里子.: 当院における胃瘻造設患者に対する栄養管理の現状と課題.第18回日本病態栄養学会年次学術集会 シンポジウム14.「チーム医療で行う非経口栄養管理 経腸栄養法の基本」.2015年 1月. 京都.
  20. 宮本康弘.:B型肝炎 とくに再活性化予防の現状.第3回北東 北肝炎治療研究会.2015年2月.仙台
c) その他

4-2 国内学会発表 (地方会関係)

a) 招聘講演等
b) 一般講演
  1. 黒田英克、阿部珠美、佐藤寛毅、鈴木彰子、鈴木悠地、水谷久太、小岡洋平、遠藤 啓、吉田雄一、柿坂啓介、及川隆喜、片岡晃二郎、宮本康弘、佐原 圭、宮坂昭生、遠藤龍人、滝川康裕.: 超音波ドプラ法のFFT解析を用いた急性肝不全における肝血流動態に関する検討.第1回東北肝疾患研究会.2014年11月.盛岡.
  2. 黒田英克.: 超音波ドプラ法のFFT解析を用いた急性肝不全における肝血流動態に関する検討.第109回岩手腹部超音波研究会.2014年11月.盛岡.
  3. 佐藤寛毅,柿坂啓介,鈴木悠地,片岡晃二郎,宮本康弘,黒田英克,滝川康裕.: ホルモン補充が腹水治療に奏功したアルコール性肝硬変に甲状腺機能低下症が合併した1例.第198回日本消化器病学会東北支部例会.2015年2月.仙台
  4. 黒田英克、阿部珠美、及川隆喜、三上有里子、武田智弓、諏訪部章、滝川康裕.: 急性肝不全における肝硬度と血行動態に関する検討.日本超音波医学会東北地方会第49回学術集会.2015年3月.仙台
c) その他
  1. 柿坂啓介.:当科におけるNAFLDの研究と治療。Liver disease and Diabetes Seminar. 2014年7月.盛岡
  2. 黒田英克.: 画像検査で肝臓を知る.地域肝疾患アドバイザー養成研修会.2014年11月.盛岡.
  3. 柿坂啓介.:アルコールや薬物と肝臓との関わり.肝疾患アドバイザー養成研修会.2014年11月.盛岡
学術論文 (2013年4月〜2014年3月)
英文論文
  1. Kasai K, Ushio A, Kasai Y, Sawara K, Miyamoto Y, Oikawa K, Takikawa Y, Suzuki K. 
    Therapeutic efficacy of transarterial chemo-embolization with a fine-powder formulation of cisplatin for hepatocellular carcinoma. 
    World J Gastroenterol 2013;14:2242-2248.
  2. Wang T, Takikawa Y, Watanabe A, Kakisaka K, Oigawa K, Miyamoto Y, Suzuki K. 
    Proliferation of mouse liver stem/progenitor cells induced by plasma from patients with acute liver failure is modulated by P2Y2 receptor-mediated JNK activation. 
    J Gastroenterol 2013;in press
  3. Kakisaka K, Takikawa Y. 
    Elevation of serum cytokiness preceding elevation of liver enzymes in a case of drug-induced liver injury. 
    Hepatol Res 2013;.in press.
  4. Kato A, Tanaka H, Kawaguchi T, Kanazawa H, Iwasa M, Sakaida I, Moriwaki H, Murawaki Y, Suzuki K, Okita K. 
    Nutritional management contributes to improvement in minimal hepatic encephalopathy and quality of life in patients with liver cirrhosis: A preliminary,prospective, open-label study. 
    Hepatol Res 2013; 43:452-458.
  5. Kosaka T, Endo M, Toya Y, Abiko Y, Kudara N, Inomata M, Chiba T, Takikawa Y, Suzuki K, Sugai T. Long-term outcomes of endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer. A single-center retrospective study. Dig Endosc 2013;in press.
  6. Kosaka T, Endo M, Toya Y, Mizutani T, Abiko Y, Kudara N, Inomata M, Chiba T, Takikawa Y, Suzuki K, Sugai T. 
    Clinical impact of endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer.
    J Canser Ther 2013;4:61-67.
  7. Takase HM, Itoh T, Ino S, Wang T, Koji T, Akira S, Takikawa Y, Miyajima A. 
    FGF7 is a functional niche signal required for stimulation of adult liver progenitor cells that support liver regeneration.
    Genes Dev 2013;27:169-181.
  8. Takikawa Y, Harada M, Wang T, Suzuki K. 
    Usefulness and accuracy of the international normalized ratio and activty percent of prothrombiin time in patients with liver disease. 
    Hepatol Res 2014;44:92-101.
  9. Kakisaka K, Kooka Y, Oikawa T, Suzuki A, Oikawa K, Kuroda H, Kasai K, Takikawa Y. 
    Bimodal Peaks of Liver Stiffness in a Case of Drug-Induced Liver Injury. 
    Hepatol Res 2014;in press.
  10. Wang T, Takikawa Y, Watanabe A, Kakisaka K, Oikawa K, Miyamoto Y, Suzuki K. 
    Erratum to: Proliferation of mouse liver stem/progenitor cells induced by plasma from patients with acute liver failure is modulated by P2Y2 receptor-mediated JNK activation. 
    J Gastroenterol 2014;in press.
  11. Mochida S, Takikawa Y, Nakayama N, Oketani M, Naiki T, Yamagishi Y, Fujiwara K, Ichida T, Tsubouchi H.
    Classification of the etiologies of acute liver failure in Japan: A report by the Intractable Hepato-Biliary Diseases Study Group of Japan.
    Hepatol Res 2014;in press.
  12. Oikawa H, Maesawa C, Tatemichi Y, Nishinari Y, Nishiya M, Mizugai H, Ikeda A, Oikawa K, Takikawa Y, Masuda T.
    A disintegrin and metalloproteinase 17 (ADAM17) mediates epidermal growth factor receptor transactivation by angiotensin II on hepatic stellate cells.
    Life Sci 2014;97:137-144.
  13. Kuroda H, Kakisaka K, Oikawa T, Miyamto Y, Sawara K, Endo R, Suzuki K, Takikawa Y. 
    Liver stiffness measured by ARFI elastography reflects the severity of liver damage and  prognosis in patients with acute liver failure. 
    Hepatol Res 2014;in press.
  14. Kasai K, Kooka Y, Suzuki Y, Suzuki A, Ushio A, Kasai Y, Sawara K, Miyamoto Y, Oikawa K, Takikawa Y. 
    Efficacy of hepatic arterial lnfusion chemotherapy using 5-Fluorouracil and systemic pegylated interferon α-2b for advanced intrahepatic cholangiocarcinoma. 
    Ann Surg Oncol 2014;in press.
和文論文
  1. 滝川康裕.
    急性肝不全の診断基準.
    Modern Physician 2013;33:515-518.
  2. 滝川康裕、鈴木一幸.
    肝疾患 急性肝不全の予後.
    肝胆膵 2013;66:391-393.
  3. 鈴木一幸、滝川康裕、遠藤龍人、宮坂昭生、宮本康弘、小野寺美緒、小山富子、岡本宏明、伊藤清顕、溝上雅史. 
    B型急性肝炎および慢性肝疾患におけるHBVゲノタイプAの頻度と感染経路の検討. 
    犬山シンポジウム29回 2013; 23-28.
  4. 千葉俊美、佐藤尚子、山本一成、滝川康裕. 
    Post-infectious IBSの病態を探る分子.
    消化器病2013;10:242-247 .
  5. 名越 澄子, 塩谷 昭子, 荒川 哲男, 飯島 尋子, 加藤 淳二, 高後 裕, 向坂 彰太郎, 島田 光生, 滝川 康裕, 竹井 謙之, 松崎 靖司, 白鳥 敬子. 
    日本消化器病学会女性消化器医師支援委員会 女性消化器医師のキャリア開発と活躍支援. 
    日本消化器病学会雑誌 2013;10:1387-1391.
  6. 持田 智, 滝川 康裕, 中山 伸朗, 桶谷 真, 内木 隆文, 山岸 由幸, 藤原 慶一, 市田 隆文, 坪内 博仁,
    厚生労働省科学研究費補助金(難治性疾患克服研究事業)「急性肝不全の成因分類.
    肝臓 2014;55:79-81.
  7. 藤原 慶一, 織田 成人, 井上 和明, 荒田 慎寿, 安部 隆三, 滝川 康裕, 井戸 章雄, 横須賀 收, 持田 智, 坪内 博仁,
    厚生労働科学研究費補助金難治性疾患克服研究事業「難治性の肝・胆道疾患に関する調査研究」班劇症肝炎分科会血液浄化法の有効性評価を目的としたワーキンググループ. 
    急性肝不全に対する人工肝補助療法についての提言 high-flow CHDF、on-line HDFによる覚醒率向上の認識とその全国標準化の必要性.
    肝臓2014:55:79-81.
  8. 阿部貴弥、遠藤龍人、滝川康裕. 
    急性肝不全への血液浄化法の進歩(Q&A/特集). 
    救急・集中治療2014;26:575-581.
  9. 遠藤龍人、佐原圭、遠藤啓、滝川康裕、加藤章信、鈴木一幸. 
    肝硬変治療の進歩 分岐鎖アミノ酸製剤による治療効果. 
    臨床消化器内科 2014;29:447-452.
学会発表
  1. 小野寺美緒、滝川康裕、鈴木一幸.
    急性肝障害の昏睡発現予知における Prothrombin index slope の有用性の検討.
    第17回日本肝臓学会大会.東京.10月2013年.
  2. 遠藤啓、及川寛太、滝川康裕.
    急性肝炎における酸化ストレス度に意義.
    第17回日本肝臓学会大会.東京.10月2013年.
  3. 吉田雄一、宮坂昭生、遠藤龍人、滝川康裕、鈴木一幸.
    B型慢性肝疾患患者での拡散アナログ製剤投与中止による肝炎再燃リスクの検討.
    第55回日本消化器病学会大会. 東京.10月2013年.
  4. 佐原圭、吉田雄一、宮坂昭生、遠藤龍人、滝川康裕、加藤章信、鈴木一幸.
    C型慢性肝炎患者における抗ウイルス治療直後での神経機能異常と脳内グルコース代謝動態の変化.
    第55回日本消化器病病学会大会.東京.10月2013年.
  5. 及川寛太、水谷久太、遠藤啓、黒田英克、葛西和博、滝川康裕、鈴木一幸.
    当科におけるNASHの成因とした肝細胞癌の臨床像.
    第55回日本消化器病学会大会. 東京.10月2013年.
  6. 松田望、小穴修平、亀井将人、鳥谷洋右、水谷友美、佐藤邦彦、小坂崇、春日井聡、柴田將、安孫子幸人、久多良徳彦、廣田茂、遠藤昌樹、千葉俊美、滝川康裕、鈴木一幸、照井虎彦.
    中下部悪性胆道狭窄に対するself-expandable metallic stent (SEMS) の選択.
    第55回日本消化器病学会大会.東京.10月2013年.
  7. 千葉俊美、佐藤邦彦、春日井聡、松田望、横山直記、鳥谷洋右、亀井将人、安部圭之輔、小豆嶋立顕、赤坂理三郎、柴田將、安孫子幸人、小穴修平、廣田茂、遠藤昌樹、滝川康裕、菅井有、鈴木一幸.
    難治性クローン病患者おけるInfiximab 10mg/kg増量投与の有効性とCD64との関連性の検討.
    第55回日本肝臓学会大会.東京.10月2013年.
  8. 柿坂啓介、片岡晃二郎、小野寺美緒、舘道芳徳、及川寛太、滝川康裕.
    急性肝障害・急性肝不全における血清AFPの意義:生体肝移植ドナーとの比較.
    第100回日本消化器病学会総会. 東京.4月2014年.
  9. 滝川康裕、増田友之.
    岩手県における女性医師支援.
    第100回日本消化器病学会総会.東京.4月2014年.
  10. 吉田雄一、宮坂昭生、佐原圭、及川寛太、葛西和博、遠藤龍人、滝川康裕.
    C型慢性肝疾患インターフェロンSVR例の肝繊維化指標の推移についての検討.
    第100回日本消化器病学会総会. 東京. 4月2014年.
  11. 葛西和博、小岡洋平、鈴木悠地、鈴木彰子、葛西幸穂、佐原圭、牛尾晶、宮本康弘、及川寛太、滝川康裕.
    進行肝細胞癌に対する PEG-IFNα-2b/5FU併用療法の評価.
    第50回日本肝臓学会総会. 東京.5月2014年.
  12. 宮坂昭生、吉田雄一、滝川康裕、村上晶彦、三浦達也、近藤公亮、加藤章信、八角有紀、渡辺大亮、米山和夫、藤島裕耕.
    GenotypeI型C型肝炎に対するTelaprevirを用いた3剤併用療法の治療効果-多施設共同研究-.
    第50回日本肝臓学会総会.東京. 5月2014年.
  13. 片岡晃二郎、滝川康裕、水谷久太、遠藤啓、小野寺美緒、柿坂啓介、宮坂昭生、葛西和博、遠藤龍人.
    北東北における急性肝障害症例の成因分類と劇症化(昏睡発現)・予後.
    第50回日本肝臓学会総会. 東京.5月2014年.
  14. 佐原圭、小岡洋平、片岡晃二郎、黒田英克、及川隆喜、遠藤啓、水谷久太、及川寛太、柿坂啓介、吉田雄一、宮本康弘、葛西和博、遠藤龍人、鈴木一幸、滝川康裕.
    当院における肝硬変成因別実態.
    第50回日本肝臓学会総会. 東京. 5月2014年.
  15. 白木亮、華井竜穂、白石光一、是枝匡紹、井手康史、水田敏彦、遠藤龍人、坂井良行、斉藤正紀、播磨多美子、山崎隆弘、鈴木壱知、伊藤実、川口巧、田浦直太、市川辰樹、岩佐元雄、坂井田功、森脇久隆、鈴木一幸.
    C型慢性肝疾患患者における糖代謝異常についての検討.
    第50回日本肝臓学会総会. 東京. 5月2014年.
  16. 滝川康裕.
    東北革新的医療機器開発補助事業による急性肝不全用血液浄化システム開発の試み.
    第40回日本急性肝不全研究会. 東京.5月2014年.
  17. 片岡晃二郎、遠藤啓、小野寺美緒、柿坂啓介、宮本康弘、宮坂昭生、遠藤龍人、滝川康裕.
    北東北における成因不明の急性肝障害症例の治療と予後.
    第40回日本急性肝不全研究会.東京.5月2014年.
  18. 遠藤龍人、鈴木壱知、鈴木一幸.
    肝硬変患者における身体計測の実施状況と蛋白・エネルギー代謝異常〜全国多施設実態調査からみた検討〜.
    第37回日本栄養アセスメント研究会.盛岡. 5月2014年.
リンク集
岩手医科大学
岩手医科大学附属病院